このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月28日 奈良新聞

 夏休みも残り少なくなった。去り行く夏を惜しむ気持ちは分かるが、せっかくのレジャーで命を失うような事は避けたい。だが昨日は、全国各地の海で事故が相次いだ。

 北海道小樽市の海岸では、高校3年の同級生3人が行方不明となった。友人ら10人で海岸を訪れ、うち5人が沖に向かって海中を歩き、100~150メートル沖で足が着かなくなり、戻ろうとして波にさらわれた。海水浴場の区域外だった。

 茨城県鉾田市の海では大人1人、子ども3人の計4人が流された。立ち入り禁止区域で、2人が亡くなった。

 大阪府泉南市では、少年2人が岸から海に飛び込み、救助されたが死亡が確認された。現場は海水浴場ではなく、防波堤のような所から飛び込んだようだ。

 昔、親から「お盆を過ぎたら海に行くな」と言われた。その頃はクラゲがよく出て刺される、とされた。だが本当は、はるか遠方の台風などによって急に「うねり」が出たり、地形によっては「離岸流」といった急激な引き波が生じたりするから、のようだ。

 昔からの言い伝えには、それなりの意味がある。大事にしたい。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ