このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


絵や物が語る戦争の記憶 - 「戦時下のくらし展」/県民博で27日まで

2017年8月10日 奈良新聞

戦時中の人々の暮らしぶりがうかがえる展示品=大和郡山市矢田町の県立民俗博物館

 大和郡山市矢田町の県立民俗博物館で、太平洋戦争中などに使われていた物品を通して当時の人々の生活を紹介する展覧会「戦時下のくらし展」が開かれている。27日まで。

 同展では、「出征軍人」がいる家を示した表札や国民服をはじめ衣料切符、防空頭巾、空襲警報板など昭和10~20年代前半の生活関連資料約40点を展示している…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民は土田氏擁立 - 奈良市会議長選[2017.08.16]

平和の祈り夜空へ - 大文字送り火写真付き記事[2017.08.16]

子ども目線の記録 - 語り継ぐ工夫/風化に抗う(7)戦争を語る 残す人たち写真付き記事[2017.08.16]

ゆらめく灯籠2500基 - 東大寺で万灯供養会写真付き記事[2017.08.16]

1人の遺体一部発見 - 県警きょう現場検証/山添・小型機墜落写真付き記事[2017.08.16]

未来への決意、古里で - 真夏の成人式で夢語る/黒滝・天川写真付き記事[2017.08.16]

充実のガッツポーズ - 奈良で聴覚障害者「体験クライミング」写真付き記事[2017.08.16]

販売額、2カ月連続で減 - 6月の県内大型小売店[2017.08.16]

プロペラ機墜落、2人死亡 - 八尾空港離陸 大阪の夫婦か[2017.08.15]

光に祈る夏の夜 - 春日大社中元万燈籠写真付き記事[2017.08.15]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ