このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


共産が公認予定者 - 【1区】井上氏【2区】霜鳥氏【3区】所氏/次期衆院選 県選挙区

2017年8月9日 奈良新聞

 共産党県委員会(細野歩委員長)は8日、次期衆院選で県内3選挙区に擁立する党公認候補予定者を発表した。選挙区の1減を受け、昨年末に発表した新人4人から絞った。昨夏の参院選における「野党共闘」の経験を踏まえ、民進党など他の野党候補予定者との調整には柔軟に対応し、衆院選での統一候補擁立を摸索する構えだ。

 この日、3人の立候補予定者とともに県庁内で記者会見した細野委員長は「野党と市民の共闘を展望しながら、安倍政権を衆院解散・総選挙に追い込み、民意を反映した国会にしていくために戦う」と自民、公明両党が主軸の与党政権への対決姿勢を鮮明にした…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高市、支持固め着々 - 松本、霜鳥、浸透へ懸命/17衆院選 終盤の情勢-2区-[2017.10.19]

ひったくり急増58件 - 特殊詐欺被害3億円/県警犯罪認知[2017.10.19]

天誅組 若き日の実像 - 橋本若狭直筆の新たな文書発見/丹生川上神社下社神官写真付き記事[2017.10.19]

落語の想像力を応用 - 「エアリハ健康術」伝授/お笑い理学療法士の日向さん写真付き記事[2017.10.19]

最先端?伝統表現磨く? - 万葉文化館で「万葉集をよむ」写真付き記事[2017.10.19]

県内400社、PRに熱 - ビジネスマッチなら・かしはらビジネス商談会写真付き記事[2017.10.19]

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ