このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


「かかし」で町のにぎわい - 名画の再現などユニークさ話題/安堵

2017年8月4日 奈良新聞

天理軽便鉄道の駅のホームをかかしで再現=安堵町東安堵

クラーク博士像を模したかかしと同じポーズで写真撮影=安堵町窪田

 かつて町内を運行していた天理軽便鉄道のホームで電車を待つ人々、ミレーの絵画「落穂拾い」の再現など、安堵町の各所にユニークなかかしが展示されている。町の活性化につなげたいと町民らが始めたプロジェクトで、現在、約60体のかかしを設置。インターネットで見て遠方から訪れる人もいると言い、町のにぎわいづくりに一役買っている。

 同町のふとん製造業、森中茂さん(66)が、4、5年前から廃棄するふとんを使って稲刈り後の田んぼに変り種のかかしを置き出したのが始まり。昨秋に「落穂拾い」を模したかかしを設置するとインターネット上で話題となり、神戸や三重など遠方から撮影に訪れる人も増えた。

 昨年10月には区長会や消防団など町内の22団体で「オブジェ『案山子(かかし)』制作展示事業実行委員会」を発足。各団体がボランティアで約60体のかかしを制作し、休耕田や公園などに設置している。

 同町の人口は平成7年には約8900人だったが、8月1日現在の町人口は約7500人に減少。

 同委員会会長も務める森中さんは「安堵は富本憲吉ら著名人を輩出し、歴史・文化資源もたくさんある。かかしで人を呼び込み、経済効果も生まれるようにして町を活性化していきたい」と話す。

 同プロジェクトは「かかしも含めて町人口1万人」を目指しており、さらにかかしを増やしていく予定。同委員会は材料となる古着やくつ、木材などの提供を募っている。

 問い合わせは町産業建設課、電話0743(57)1511。 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]

漱石を所蔵資料で紹介 - 天理図書館で開館87周年記念展写真付き記事[2017.10.18]

黒滝白きゅうり 県知事賞に中井さん - 品評会の表彰式写真付き記事[2017.10.18]

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ