このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


開発2年、自信作 - 糖度高く新鮮/県産蜂蜜どうぞ

2017年8月2日 奈良新聞

全国初の取り組みで誕生した県産高級蜂蜜「大和の雫」

 高品質の県産生蜂蜜だけをボトル詰めしたブランド製品「大和の雫(しずく)」が出来上がり、8日から県内で販売される。県養蜂農業協同組合(事務局・大和郡山市丹後庄町、吉岡幸次組合長)と、やまと蜂蜜(本社・奈良市田中町、鳥居尚子社長)、県の3者が2年かけて取り組んできた成果。養蜂農家・団体と関係企業、行政が一体となって地元ブランド誕生にこぎ着けたのは全国で初めてという。

 「大和の蜂蜜」は組合指定の検査をクリアした県産生蜂蜜100%の製品。標準的な蜂蜜の糖度基準値が77度以上なのに対し、組合基準は79度以上に設定したほか、数値が低いほど加熱されていない“本物”だとされる鮮度や加熱履歴を確認する指標「ヒドロキシメチルフルフラール(H・M・F)」の標準的な基準値5・8以下に対し、組合基準は2・0以下としている。

 また安全性にも留意し、残留農薬、抗生物質が検出されないことも基準とした。

 機械を使って糖度調整せずに時間をかけて自然に熟成させるため、酸化が進んでおらず、雑味のないすっきりした甘味が特徴。

 まずは、やまと蜂蜜がペットボトル詰めした200グラム入り(税別2000円)の2000本を奈良市三条通のJAアンテナショップと橿原市常盤町のまほろばキッチンで販売。9月をめどにインターネット販売開始も予定している。

 吉岡組合長は「県内では50年ほど前まで養蜂が盛んだった。『大和の雫』で国内最高レベルの蜂蜜を味わってもらい、養蜂業復活へのてこにもしたい」と意気込んでいる。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]

漱石を所蔵資料で紹介 - 天理図書館で開館87周年記念展写真付き記事[2017.10.18]

黒滝白きゅうり 県知事賞に中井さん - 品評会の表彰式写真付き記事[2017.10.18]

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ