このページでは、Javascriptを使用しています

金曜時評


現在位置:トップページ> 金曜時評> 記事


開幕近づく国文祭・障文祭 奈良からはじまる - 編集委員 松岡 智

2017年7月21日 奈良新聞

 第32回国民文化祭・なら2017(国文祭)、第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会(障文祭)の開幕まで40日ほどになった。9月1日から91日間、県内全39市町村での計約100のイベント内容が決定。公式ガイドブックも発行され、本番への雰囲気も高まっている。

 都道府県持ち回りの祭典だが、今回は少々趣が異なる。両祭が初めて一体開催されるからだ。もともと両祭は国文祭が文化庁、障文祭が厚生労働省と所管が異なり、前々回までは開催地もほぼ別々。障文祭の実施期間はほとんどが数日程度だった。

 両祭は開催趣旨も異なるが、今回は統一テーマを設定。従来の目的は残しつつ、障害の有無にかかわらず互いの芸術、文化活動を認め、楽しみながら新たな文化を発信する側面も持っている。会期中のさまざまなプログラムに手話通訳や点字訳を初導入するのも、その流れ。五感で味わう展覧会や障害者と健常者が共演する演劇、車いすダンスなどのイベントも組まれている。

 もともと芸術の分野では、障害者の創作活動はエイブル・アートなどをはじめ早くから注目されていた。芸術文化の祭典を障害のある、なしに関係なく一緒に行う下地はあったのだ。昨年の愛知県での国文祭の閉会式では、県は次回開催県として障害のある人、ない人が共演するパフォーマンスを披露し、実証してもいる。

 スポーツ分野でも近年、障害者スポーツの競技としての認知が定着。平成24年にパラリンピックを成功させた英ロンドンでは、だれもが一緒に障害者スポーツを楽しむ土壌が生まれているという。スポーツを通した共生社会構築への遺産は3年後の東京へもつながっている。

 県は祭典後、だれもが芸術文化を楽しめる状況を、県内各地で主体的に継続、定着してもらうことも目標に据える。一過性に終わらせないことが未来へ続く遺産になるからだ。下支えの部分では、一体開催で不足が懸念される宿泊施設への対応で旅行業界大手が手を組む。こうした手法も今回の奈良が基点となる。

 古代国家が花開いたように、奈良から文化芸術での新たな流れが始まる可能性を今祭典は秘める。内容に満足しない意見があるかもしれないが、何にせよ最初の一歩は大変なものだ。来年の開催地の大分県でも両祭の一体開催が決まっている。各取り組みが今後のモデル、遺産となるように、自信と誇りを持って祭典に参加したい。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「出口」見えない議論 - 橿原市会対立の構図<上>[2017.09.24]

源流の地で探る未来 - 日本文化考えるフォーラム/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.24]

保育士が足りない - 園に「空き」あれど…/奈良市の公立保育所[2017.09.24]

しめ縄架け替え - 総社・宇佐の小学生ら参加/東大寺転害門写真付き記事[2017.09.24]

自慢ののどで熱唱 - 全国生涯学習カラオケ大会写真付き記事[2017.09.24]

お土産にいかが? - 「大仏の手くっきぃ」/磯城野高生「道の駅」で販売写真付き記事[2017.09.24]

御所実が優勝 - 7人制ラグビー/県高校総体写真付き記事[2017.09.24]

短期決戦へ始動 - 演説や支部大会/衆院選 県内各党[2017.09.23]

古代へ続く赤い帯 - 明日香のヒガンバナ写真付き記事[2017.09.23]

地滑りとの闘い続く - 亀の瀬/王寺と大阪・柏原市境界写真付き記事[2017.09.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ