このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


天川に移住体験住宅 - シェアオフィス 来月以降に募集

2017年7月14日 奈良新聞

元食堂旅館が生まれかわったシェアオフィス西友=13日、天川村洞川

「野菜料理 地参地笑」が15日からオープンするシェアオフィス西友=13日、天川村洞川

 天川村は13日、同村洞川の元食堂旅館を改修し、移住体験住宅「シェアオフィス西友(にしとも)」を開所した。シェアオフィス事業の募集開始は来月以降で、先駆けてあす15日から、1階のチャレンジカフェが営業する。

 洞川温泉街のメーン通りに面した築60年の木造建築。10年前に廃業した。行者宿の名残りを残す2階の6~10畳の和室5部屋をシェアオフィスとして活用。1階は厨房(ちゅうぼう)とカフェのほか一つの大きな机を囲むホールや談話スペース、トイレ、シャワールームなどを整備した。総事業費約960万円。

 チャレンジカフェは、村の地域おこし協力隊で元料理人の平田肇さん(43)が「野菜料理 地参地笑(ちさんちしょう)」を土日曜、祝日のランチ限定で営業する。平田さんが育てた野菜を中心に、天川村産の野菜にこだわった料理を提供する。

 13日は開所式と試食会があり、車谷重高村長は「皆さんのよりどころとなり、天川村の食の発信拠点の一つになって地域活性化につながれば」と期待。ジャガイモの冷製スープやズッキーニのフライ、和牛しゃぶしゃぶサラダ仕立てなど心尽くしの料理を村民らが楽しんだ。

 地参地笑は土日曜、祝日の午前11時半から。1日限定10~15食。問い合わせは同店、電話0747(68)9051。シェアオフィスに関する問い合わせは村役場地域政策課、電話0747(63)0321。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「出口」見えない議論 - 橿原市会対立の構図<上>[2017.09.24]

源流の地で探る未来 - 日本文化考えるフォーラム/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.24]

保育士が足りない - 園に「空き」あれど…/奈良市の公立保育所[2017.09.24]

しめ縄架け替え - 総社・宇佐の小学生ら参加/東大寺転害門写真付き記事[2017.09.24]

自慢ののどで熱唱 - 全国生涯学習カラオケ大会写真付き記事[2017.09.24]

お土産にいかが? - 「大仏の手くっきぃ」/磯城野高生「道の駅」で販売写真付き記事[2017.09.24]

御所実が優勝 - 7人制ラグビー/県高校総体写真付き記事[2017.09.24]

短期決戦へ始動 - 演説や支部大会/衆院選 県内各党[2017.09.23]

古代へ続く赤い帯 - 明日香のヒガンバナ写真付き記事[2017.09.23]

地滑りとの闘い続く - 亀の瀬/王寺と大阪・柏原市境界写真付き記事[2017.09.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ