このページでは、Javascriptを使用しています

金曜時評


現在位置:トップページ> 金曜時評> 記事


仲川市長への注文 - 主筆 甘利 治夫

2017年7月14日 奈良新聞

 注目された奈良市長選は予想通りの大激戦となり、現職の仲川元庸氏が前生駒市長の山下真氏らを僅差で破り3選を果たした。投票率は参院選と同時だった前回を大きく下回ったが、市民は仲川氏の続投を選択した。選挙期間中、市民に約束したことをどう実行していくか、これからが本番だ。

 選挙中、仲川氏は2期8年の実績を訴えてきた。評価された面もあろうが、この8年間をみると市政運営が、けっして順調だったといえない。何を期待されたのか、その勝因の一つをみると、仲川氏をかつぎ出し、過去2回の選挙で支援してきた民進党(当時・民主党)との決別がある。民進党の呪縛から解き放たれたことで、支持の輪が拡大し、保守層に大きな広がりをみせた。

 仲川氏にとって、まさに「ゼロからのスタート」といえるほど、今回の選挙は大きな意味を持つものとなった。県都であること。しかも古都・奈良というわが国を代表する伝統ある街の首長だ。若かったこともあり、当初は「古いものはすべて否定する」という手法が目についた。市政を築いてきた先人たちの遺産や伝統を尊重しながら、直すべきところは直しながら、時代を先取りした新たな施策を展開すべきだ。新旧住民が混在する奈良市だからこそ、伝統を重んじ、新しさを取り入れてほしい。

 同時に行われた市議選で新旧交代が進んだ。どのような会派構成になるか注目される。両輪といわれる議会対応を、今度こそしっかり取り組んでほしい。同じく選挙で選ばれた議会を敵視するのではなく、ともに歩んでいく姿勢が求められる。議会対応がまずければ、どんなによい政策も前に進まない。この8年間で学んだことだ。

 また日々の業務を推進している市職員との関係、とくにベテランの幹部職員との意志の疎通が大事だ。これまでもやってきたつもりかもしれないが、実態はどうだったか。職員が持っている力を十二分に活用すること、そのことが市政の改革を「加速」させることになる。市民が期待する市政となる。議会との軋轢(あつれき)や職員との関係で、行政がいつもガタガタしていれば、一番の被害者は市民だ。

 そしてこの選挙戦を通じて、他候補から指摘された政策がある。過半数以上の批判票があったのだから、これも市民の声だ。謙虚に受け止めて、どう取り入れ改善するかという度量が必要だ。

 3期目の仲川市政に期待し、真摯(しんし)な対応を望む。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「出口」見えない議論 - 橿原市会対立の構図<上>[2017.09.24]

源流の地で探る未来 - 日本文化考えるフォーラム/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.24]

保育士が足りない - 園に「空き」あれど…/奈良市の公立保育所[2017.09.24]

しめ縄架け替え - 総社・宇佐の小学生ら参加/東大寺転害門写真付き記事[2017.09.24]

自慢ののどで熱唱 - 全国生涯学習カラオケ大会写真付き記事[2017.09.24]

お土産にいかが? - 「大仏の手くっきぃ」/磯城野高生「道の駅」で販売写真付き記事[2017.09.24]

御所実が優勝 - 7人制ラグビー/県高校総体写真付き記事[2017.09.24]

短期決戦へ始動 - 演説や支部大会/衆院選 県内各党[2017.09.23]

古代へ続く赤い帯 - 明日香のヒガンバナ写真付き記事[2017.09.23]

地滑りとの闘い続く - 亀の瀬/王寺と大阪・柏原市境界写真付き記事[2017.09.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ