このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


奈良三彩を仏器に使用 - 平城宮に仏教施設か/奈文研の出土分布分析

2017年7月6日 奈良新聞

平成18年の平城宮東院地区発掘調査で出土した釉薬を用いた鉢=奈良文化財研究所提供

 奈良時代に中国の唐三彩をまねて作られた奈良三彩の陶器が、平城宮(奈良市)で仏器として使用されたことが、奈良文化財研究所の今井晃樹、神野恵両主任研究員の研究で分かった。同宮跡での出土分布を分析した結果、仏教関連遺物の出土位置と一致。寺院での出土例が多い釉薬(ゆうやく)を用いた瓦や磚(せん)の出土分布も重なり、宮内に小規模な仏堂などの仏教施設があったと考えられる。研究成果は「奈良文化財研究所紀要2017」に掲載された。

 奈良三彩は緑、褐(かつ)、白の3色の釉薬を用いて低温で焼かれた陶器。奈良文化財研究所の調査で出土した釉薬を用いた陶器の破片など計654点のうち、347点が寺院で見つかったため仏器と考えられていた。しかし、寺院に次ぐ277点が出土した平城宮内での用途などは不明だった。平城宮内では天皇と皇太子の宮殿が営まれた東院地区や内裏東外郭地区などに集中して出土…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]

やな漁でアユゲット - 25日から五條で体験写真付き記事[2017.07.25]

17メートルの龍、タカなど60点 - 天理参考館で「中国の凧」展写真付き記事[2017.07.25]

大鍋にびっくり - 児童ら給食づくり写真付き記事[2017.07.25]

福西メリヤスを認定 - 県内3番目の「ユースエール」写真付き記事[2017.07.25]

天理猛攻 高円に快勝 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.25]

自民、抗争再燃か - 会派構成で駆け引き加速/奈良市会[2017.07.24]

青く涼やかに - 不退寺「熱帯スイレン」写真付き記事[2017.07.24]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ