このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


奈良三彩を仏器に使用 - 平城宮に仏教施設か/奈文研の出土分布分析

2017年7月6日 奈良新聞

平成18年の平城宮東院地区発掘調査で出土した釉薬を用いた鉢=奈良文化財研究所提供

 奈良時代に中国の唐三彩をまねて作られた奈良三彩の陶器が、平城宮(奈良市)で仏器として使用されたことが、奈良文化財研究所の今井晃樹、神野恵両主任研究員の研究で分かった。同宮跡での出土分布を分析した結果、仏教関連遺物の出土位置と一致。寺院での出土例が多い釉薬(ゆうやく)を用いた瓦や磚(せん)の出土分布も重なり、宮内に小規模な仏堂などの仏教施設があったと考えられる。研究成果は「奈良文化財研究所紀要2017」に掲載された。

 奈良三彩は緑、褐(かつ)、白の3色の釉薬を用いて低温で焼かれた陶器。奈良文化財研究所の調査で出土した釉薬を用いた陶器の破片など計654点のうち、347点が寺院で見つかったため仏器と考えられていた。しかし、寺院に次ぐ277点が出土した平城宮内での用途などは不明だった。平城宮内では天皇と皇太子の宮殿が営まれた東院地区や内裏東外郭地区などに集中して出土…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ