このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


ササユリ手に巫女の舞 - 率川神社で三枝祭

2017年6月18日 奈良新聞

ササユリを手に神楽を奉納する巫女=17日、奈良市本子守町の率川神社

 大神神社(桜井市三輪)の摂社、奈良市本子守町の率川(いさがわ)神社で17日、「ゆりまつり」として親しまれる「三枝祭(さいくさのまつり)」が営まれた。

 「大宝律令」(701年)にも記載のある疫病を鎮める祭典。祭りの名は祭神の媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)が、ササユリの咲く三輪山麓に住んだという伝説による。また、ササユリの古名が「佐韋(さい)」であることからも、この名がついたという。

 祭典を彩るササユリは大神神社境内で栽培されたり、宇陀市の大神地区から献上されたもの。

 大神神社の鈴木寛治宮司はじめ神職が、ササユリで飾った酒だるに入れた「黒酒」「白酒」などを神前に献上し、鈴木宮司が祝詞を奏上した。

 続いて、ササユリの枝を手にした4人の巫女(みこ)が「味(うま)酒みわの舞」を奉納。雅楽の調べが流れる中、境内は清々(すがすが)しい空気に包まれた。

 今年は週末と重なり、例年より多くの参拝者が集まった。

 米国ニュージャージー州在住で、里帰り中に初めて祭典を見学したという金田睦美さん(50)=大和郡山市出身=は「人が多くて驚いたけれど、巫女さんの舞が、とてもきれいだった」と話していた。

 祭典終了後は、ササユリ花車などの行列が、晴天に恵まれた市内を練り歩いた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ