このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


土砂災害防止へ - 砂防えん堤 県内に6基完成

2017年6月16日 奈良新聞

土砂の流出を食い止める幅113メートル、高さ14・5メートルの砂防えん堤=15日、五條市大塔町赤谷

 平成23年9月の台風12号(紀伊半島大水害)で大規模な土砂災害が発生した五條市大塔町と野迫川村の3カ所で、対策工事の現場が15日、報道公開された。国交省近畿地方整備局紀伊山系砂防事務所によると、土砂ダムができた県内4カ所の現場で計9基計画されている砂防えん堤のうち6基が完成。同事務所は「一定の安全度が確保できた」とした。

 深層崩壊で、十津川村栗平地区に次ぐ1138万立方メートルの土砂が崩れ落ちた五條市大塔町の赤谷地区は、計画3基のうち2基の砂防えん堤が完成。土砂ダムは水抜きと埋め戻し行われ、10分の3の大きさになった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]

4月16日、生駒で開校 - FCバルセロナ・サッカースクール奈良校写真付き記事[2018.02.21]

奨学生に卒業記念品 - 介護福祉士 保育士の養成を支援写真付き記事[2018.02.21]

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ