このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


横口式石槨の古墳 - 7世紀中ごろ築造か/高取の与楽古墳群

2017年4月14日 奈良新聞

出土した与楽キタヤマ1号墳の横口式石槨の石材=高取町与楽

 高取町教育委員会は13日、同町与楽(ようらく)の与楽古墳群で、横口式石槨(せっかく)を持つ終末期古墳が新たに見つかったと発表した。築造時期は7世紀中ごろとみられ、「与楽キタヤマ1号墳」と命名。周辺を根拠地とした古代の渡来系氏族・東漢(やまとのあや)氏の首長か、首長に次ぐクラスの墓と考えられるという。すでに埋め戻され現地説明会はない。

 同町教委によると、古墳群の範囲確認を目的に今年1月中旬から3月末までの間、約50平方メートルを調査。国史跡指定の寺崎白壁塚古墳(7世紀前半)から南へ約100メートルの丘陵上に、巨石を組み合わせた横穴式石槨の埋葬施設が見つかった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

南東地区の事業認可 - 体験学習館建設へ/平城宮跡歴史公園写真付き記事[2018.02.16]

書の枠、会派超え - 「日本の書展」開幕写真付き記事[2018.02.16]

主役の新大導師 上司さん別火入り - 東大寺二月堂 お水取り写真付き記事[2018.02.16]

春の訪れ 梅130種開花 - 菅原天満宮で「盆梅展」写真付き記事[2018.02.16]

写真や文書で歴史紹介 - JR桜井線開通120年記念で企画展写真付き記事[2018.02.16]

ボッチャの魅力知って - 菅原小で体験会写真付き記事[2018.02.16]

「成功のヒント」学ぶ - 奈良で「創業ビッグセミナー」写真付き記事[2018.02.16]

プロロードレーサー 吉田隼人 東京五輪出場目指す - 地元企業中心に後援会発足写真付き記事[2018.02.16]

「古伯耆物」が結ぶ縁 - 日本刀顕彰連合を結成/鳥取県と春日大社写真付き記事[2018.02.15]

鬼と炎 回廊は大迫力 - 長谷寺だだおし写真付き記事[2018.02.15]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ