このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


郡山城 天守台展望施設が完成 - 殿様気分で一望/一般公開開始

2017年3月27日 奈良新聞

天守台展望デッキからの眺めを楽しむ来賓ら=26日、大和郡山市城内町の郡山城跡

天守台でテープカットをする上田市長(左から3人目)ら=26日、大和郡山市城内町の郡山城跡

 大和郡山市が整備していた郡山城天守台展望施設の完成記念式典が26日、同市城内町の同城跡で開かれた。同日に始まった「第57回大和郡山お城まつり」(市観光協会など主催)に合わせて一般公開も開始。展望デッキ(標高約80メートル)からは平城宮跡などの奈良市中心部のほか、西側には矢田丘陵や二上山を望むことができる。

 市は4年前から整備事業に着手。平成26年の発掘調査で、金箔(ぱく)を使用した瓦が出土し、天守が16世紀末の豊臣政権期に築造されたと判明。市は崩落の危険性があった石垣を修復していた。

 式典には、市や県の関係者のほか、来賓として地元、衆院県2区選出の高市早苗総務相らが出席。テープカットで完成を祝った。

 上田清市長はあいさつで、「(天守台に)夢と自信を持って、おもてなしの心でお迎えしたいと思う」と力を込めた。

 展望施設の利用時間は4~9月が午前7時から午後7時まで、10~3月は同5時まで(お城まつり期間中は同9時まで)。

 完成記念イベントとして、4月2日午後2時から地元小学生が修羅と呼ばれる木製の台に巨石を乗せて転がして運ぶ「修羅引き」を実施。同22日には、天守台で結婚式や金婚式を行う「結びの祝典」を開催する。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県、Lアラート参加 - 勧告・避難所・インフラ被害[2017.05.22]

公演情報を網羅 - 6月10日からムジークフェスト写真付き記事[2017.05.22]

聴覚障害者に優しい社会を - 川西で県ろうあ者大会写真付き記事[2017.05.22]

障害者と住民ら触れ合い - 田原本で県障害者協「つながり祭」写真付き記事[2017.05.22]

健康チェックや模擬店 - 大和高田で「健康まつり」に3000人写真付き記事[2017.05.22]

子ども集える場に「らくじっ子食堂」 - 奈良で楽慈会が毎週日曜写真付き記事[2017.05.22]

前年比14.4%減の95件 - 4月の県内公共工事動向[2017.05.22]

コラボそうめん - 下北春まなと三輪そうめん写真付き記事[2017.05.22]

法隆寺国際、五條破る - 全国高校総体県予選写真付き記事[2017.05.22]

新斎苑など2氏舌戦 - 奈良市長選写真付き記事[2017.05.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ