このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


幕末の伴林光平学ぶ - 天誅組の勉強会/ゆかりの葛城・受福寺

2017年2月10日 奈良新聞

伴林光平と交流があった尼僧、祖栄尼の和歌に曲に付けた歌を歌う高田さん=7日、葛城市当麻の受福寺

 幕末の天誅組に参加した国学者、歌人の伴林光平(1813~1864年)ゆかりの葛城市当麻の受福寺(仲津祖祐庵主)で、光平に関する勉強会「受学会」が開かれている。知られざる地域の歴史を学ぼうと、昨年3月から、ほぼ月1回のペースで開催。今月7日には10回目の節目を迎え、県内外から約10人が参加した。

 受福寺は江戸時代の寛政2(1790)年に創建された臨済宗妙心寺派の尼寺。第7世庵主の祖栄尼は幕末の大和を代表する歌人・光平から和歌などを学んだ。寺伝によると、天誅組が吉野山中で敗れた後、幕府に追われる光平を一時かくまったという。そのため、寺には現在も光平の書や絵が多く残されている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

変わる古都の西玄関 - 南北自由通路 北側広場改修/近鉄大和西大寺駅写真付き記事[2017.11.21]

介護報酬を不正受給 - 刑事告訴も視野/奈良の事業所[2017.11.21]

畝傍高音楽部を認証 - 「Sクラブ」として支援写真付き記事[2017.11.21]

楽しみながら健康に - 王寺で「ならコープ健康大学」写真付き記事[2017.11.21]

トップが意識改革を - 奈良で人材確保セミナー写真付き記事[2017.11.21]

墓域の南北規模60メートル - 外濠の北辺見つかる/橿原・四条1号墳写真付き記事[2017.11.21]

質疑 扱い巡り論議 - 来月実施は難航か/少数党派配慮の県会[2017.11.20]

「南国」薫る魅惑の歌声 - 万葉浪漫フェスin藤原宮跡写真付き記事[2017.11.20]

「がん検診」受けて - 県と協働でキャンペーン写真付き記事[2017.11.20]

叔父への思い 世界へ - 米田さんに感謝状/視覚障害者専用の囲碁盤を考案写真付き記事[2017.11.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ