このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


幕末の伴林光平学ぶ - 天誅組の勉強会/ゆかりの葛城・受福寺

2017年2月10日 奈良新聞

伴林光平と交流があった尼僧、祖栄尼の和歌に曲に付けた歌を歌う高田さん=7日、葛城市当麻の受福寺

 幕末の天誅組に参加した国学者、歌人の伴林光平(1813~1864年)ゆかりの葛城市当麻の受福寺(仲津祖祐庵主)で、光平に関する勉強会「受学会」が開かれている。知られざる地域の歴史を学ぼうと、昨年3月から、ほぼ月1回のペースで開催。今月7日には10回目の節目を迎え、県内外から約10人が参加した。

 受福寺は江戸時代の寛政2(1790)年に創建された臨済宗妙心寺派の尼寺。第7世庵主の祖栄尼は幕末の大和を代表する歌人・光平から和歌などを学んだ。寺伝によると、天誅組が吉野山中で敗れた後、幕府に追われる光平を一時かくまったという。そのため、寺には現在も光平の書や絵が多く残されている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]

プロに学び庁舎清掃 - 高等養護学生が天理で演習写真付き記事[2017.06.22]

県産材で新商品開発 - 簡単に木質空間作れます写真付き記事[2017.06.22]

全国初、脚付き編みかご - 四方転びの箱 用途明らかに/橿原・瀬田遺跡、弥生後期末写真付き記事[2017.06.22]

国が現状変更許可 - 奈良公園内の宿泊施設建設[2017.06.21]

山村氏、無投票再選 - 広陵町長選告示写真付き記事[2017.06.21]

外国人110番も対応 - 3人同時通話を訓練/県警写真付き記事[2017.06.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ