このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


幕末の伴林光平学ぶ - 天誅組の勉強会/ゆかりの葛城・受福寺

2017年2月10日 奈良新聞

伴林光平と交流があった尼僧、祖栄尼の和歌に曲に付けた歌を歌う高田さん=7日、葛城市当麻の受福寺

 幕末の天誅組に参加した国学者、歌人の伴林光平(1813~1864年)ゆかりの葛城市当麻の受福寺(仲津祖祐庵主)で、光平に関する勉強会「受学会」が開かれている。知られざる地域の歴史を学ぼうと、昨年3月から、ほぼ月1回のペースで開催。今月7日には10回目の節目を迎え、県内外から約10人が参加した。

 受福寺は江戸時代の寛政2(1790)年に創建された臨済宗妙心寺派の尼寺。第7世庵主の祖栄尼は幕末の大和を代表する歌人・光平から和歌などを学んだ。寺伝によると、天誅組が吉野山中で敗れた後、幕府に追われる光平を一時かくまったという。そのため、寺には現在も光平の書や絵が多く残されている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

【新1区】小林【新2区】高市【新3区】田野瀬氏 - 奥野氏は比例近畿/衆院選自民候補[2017.09.22]

そろり10メートル“道半ば” - 唐招提寺御影堂修理で曳家工事写真付き記事[2017.09.22]

秋の交通安全運動スタート - 高齢者事故抑止に重点写真付き記事[2017.09.22]

23日からキトラ古墳 西壁と天井一般公開 - 「四神の館」開館1周年で写真付き記事[2017.09.22]

力強い演技に歓声 - 県立ろう学校演劇部が熱演写真付き記事[2017.09.22]

県内異業種が交流会 - 会社見学や名刺交換会写真付き記事[2017.09.22]

さらなる飛躍を誓う - バンビシャス奈良がパーティ写真付き記事[2017.09.22]

「唯一の手法」に異論 - 揺らぐDBOの優位性/奈良市新斎苑[2017.09.21]

駅前広場から拡大を - 天理市の課題(下)写真付き記事[2017.09.21]

眼前で文化財修復 - 元文研が施設見学会写真付き記事[2017.09.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ