このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


“富本憲吉の宿”いかが - 来月オープン 1日2組限定/生家改修、レストラン併設

2017年2月1日 奈良新聞

滞在型交流施設として生まれ変わった旧富本憲吉記念館=安堵町東安堵

 安堵町東安堵にある同町出身の陶芸家、富本憲吉(1886~1963年)の生家が、宿泊施設とレストランを兼ね備えた滞在型交流施設「うぶすなの郷 TOMIMOTO」として生まれ変わった。

 レストランは1月22日から営業を始めており、宿泊も3月1日から1日2組限定で受け入れる。

 富本は第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)。生家は親交があった同郷の実業家、辻本勇氏(故人)が改修し、昭和49年に「富本憲吉記念館」として開館。しかし来館者数の減少などから平成24年に閉館した。

 平成26年に文化事業を行う公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ(奈良市)が「歴史的価値のある貴重な文化資源を残したい」と土地建物を取得。国の補助金約5000万円を受けるなどして保存・活用に向けた改修を進めてきた。

 運営は宿泊業のノウハウを持つワールド・ヘリテイジ(奈良市)に業務委託する。

 同施設の川井澄子マネージャーは「富本憲吉の世界観や作品への思いを伝え、新たな観光拠点として発信をしていきたい」と話している。

 問い合わせは同施設、電話0743(56)3855。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

全国初 外国人専用避難所 - 言語、ハラル対応/猿沢イン[2017.11.22]

ひたひた 冬の足音 - きょう小雪写真付き記事[2017.11.22]

こけら葺き屋根、美しく - 葺き替え完了/正暦寺福寿院写真付き記事[2017.11.22]

三郷で現地調査開始 - 対策工事は年末以降/土砂崩落[2017.11.22]

超絶技巧でリアル追求 - ニッポンの写実展/23日から県立美術館写真付き記事[2017.11.22]

県代表に岡崎さん - ミス・ユニバース・ジャパン奈良大会写真付き記事[2017.11.22]

件数減も請負金額増 - 10月の県内公共工事動向[2017.11.22]

変わる古都の西玄関 - 南北自由通路 北側広場改修/近鉄大和西大寺駅写真付き記事[2017.11.21]

介護報酬を不正受給 - 刑事告訴も視野/奈良の事業所[2017.11.21]

畝傍高音楽部を認証 - 「Sクラブ」として支援写真付き記事[2017.11.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ