このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


“富本憲吉の宿”いかが - 来月オープン 1日2組限定/生家改修、レストラン併設

2017年2月1日 奈良新聞

滞在型交流施設として生まれ変わった旧富本憲吉記念館=安堵町東安堵

 安堵町東安堵にある同町出身の陶芸家、富本憲吉(1886~1963年)の生家が、宿泊施設とレストランを兼ね備えた滞在型交流施設「うぶすなの郷 TOMIMOTO」として生まれ変わった。

 レストランは1月22日から営業を始めており、宿泊も3月1日から1日2組限定で受け入れる。

 富本は第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)。生家は親交があった同郷の実業家、辻本勇氏(故人)が改修し、昭和49年に「富本憲吉記念館」として開館。しかし来館者数の減少などから平成24年に閉館した。

 平成26年に文化事業を行う公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ(奈良市)が「歴史的価値のある貴重な文化資源を残したい」と土地建物を取得。国の補助金約5000万円を受けるなどして保存・活用に向けた改修を進めてきた。

 運営は宿泊業のノウハウを持つワールド・ヘリテイジ(奈良市)に業務委託する。

 同施設の川井澄子マネージャーは「富本憲吉の世界観や作品への思いを伝え、新たな観光拠点として発信をしていきたい」と話している。

 問い合わせは同施設、電話0743(56)3855。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ