このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


古都に新たな彩り 雨中2基迫力 - 2016 奈良大立山まつり

2016年1月30日 奈良新聞

雨の中、規模を縮小して実施された大立山の巡行=29日、奈良市の平城宮跡第1次大極殿前

 冬の新イベント「奈良大立山まつり」が29日、奈良市の平城宮跡で開幕した。ただ朝から降り続いた雨のため、予定されていた県内市町村の伝統芸能はすべて中止。四天王をモチーフとした4基の山車「大立山」の巡行も2基だけに縮小された。

 大立山の巡行には当初、県立奈良朱雀高校(奈良市柏木町)から観光ビジネス科生ら生徒約100人が参加を予定。前日からリハーサルを行うなど準備を整えていたが、生徒の体調面を考えてやむなく参加中止を決定。会場近くで待機していた生徒は一様に残念がっていた。

 平成25年に開設した同校観光ビジネス科は、観光に関する知識や専門的な技能、マナーなどを学ぶ学科。今春卒業を控えた第1期生で、同科3年の秋月栞さん(18)は「奈良は冬のイベントが少ないので、みんなで盛り上げたい」と話していた。

 2日目以降は県内の企業や大学生などが引き手を担当する。

 このほか、特設ステージで予定されていた鴨都波神社(御所市)の「ススキ提灯献灯行事」と大和神社(天理市)の「紅しで踊り」なども雨天のために中止となった。

 会場に訪れた大阪府枚方市の西川菜穂子さん(35)は「大立山は思ったよりスピードがあり、2基だけでも迫力があった。4基そろえばよかったのに」と残念がっていた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ