このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


瓦技術でコースター - 斑鳩ブランド第1号

2015年4月3日 奈良新聞

冠位十二階の文字が入った瓦コースターと清水社長

 法隆寺などに瓦を供給してきた斑鳩町の孫七瓦工業(清水良洋社長)が、伝統の瓦技術を生かしてコースターを作った。聖徳太子の「冠位十二階」を表す文字が1枚ずつに入っており、町商工会などの「斑鳩ブランド」に認定、清水社長は「瓦の良さに直接触れてもらえれば」と期待している。

 「瓦コースター」は直径10センチ。冠位十二階の階級を表す「徳、仁、礼、信、義、智」の文字が1つずつ入っている。瓦粘土を型取りした後、職人が表面や細部をへらで整えて仕上げた。

 同社によると、木造家屋の倒壊が相次いだ阪神大震災後、瓦の需要は当時の4分の1ほどに減っているという。

 孫七瓦工業の創業は元禄7(1694)年。清水社長は「瓦屋根は通気性が良く遮音性もある。部分的な補修で済むなど耐久性にも優れている」と瓦の魅力を語り、「食卓で使うなどして瓦の良さを身近に感じてもらえれば」と瓦コースターに期待する。

 斑鳩町商工会は町の新しい魅力づくりを目指して「いかるがキャンパスPROJECT」を進めており、瓦コースターが「斑鳩ブランド」の第1号となった。

 瓦コースターはオープン価格で1枚2千円程度。同社のホームページなどから購入できる。問い合わせは同社、0745(74)1218。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

立憲民主、県内で集会 - 「旧民進3分裂」論議/来月10日[2018.01.24]

笹娘 笑顔で「どうぞ」 - 大安寺光仁会にぎわう写真付き記事[2018.01.24]

町づくり貢献評価 - 県「あしたのなら」受賞/県立大の「国際地域研究会」写真付き記事[2018.01.24]

ガスや爆発、対応確認 - テロ想定、国民保護図上訓練写真付き記事[2018.01.24]

歴史や人形の仕組み学ぶ - 地域に伝わる「乙田人形浄瑠璃」写真付き記事[2018.01.24]

水面に幻想的な光漂う - 洞川温泉街、龍泉寺で/27日、山上川灯りプロジェクト写真付き記事[2018.01.24]

事業者の再募集発表 - 奈良市新斎苑[2018.01.23]

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀写真付き記事[2018.01.23]

お客の声 支えに営業 - 地域活性化へ市が催し/五條「栄湯」写真付き記事[2018.01.23]

「安全・安心話題に」 - 県警が認定証交付/特殊詐欺被害防止アドバイザー写真付き記事[2018.01.23]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ