このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


命に感謝、水辺の安全祈る - 吉野川で「鮎供養」 芸術ライブなども

2014年6月2日 奈良新聞

鮎供養で吉野川にアユを放つ山伏ら=1日、大淀町下渕

 命に感謝し、吉野川などでの水辺の安全を願う伝統行事「鮎(あゆ)供養」が1日、大淀町下渕の石龍寺鈴ケ森行者堂(森真順住職)で営まれた。

 境内の「鮎供養碑」の前で山伏26人が般若心経を唱えて献花。ほら貝を響かせて吉野川に下り、アユを放った後、護摩をたいて祈願した。

 また「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年を記念した芸術ライブなども実施。地域住民らが集まり、下市町のミュージシャン綿鍋伊久男さんのコンサート「世界遺産吉野を歌う」や郷土芸能を楽しんだ。

 森住職(71)は「こうした伝統行事を通して、万物の命を大切にし、人をいたわる心を養ってほしい」と、行事の継承を願った。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

健康長寿へ意識向上 - 28年度県民調査[2017.04.21]

「森町長らと温泉」 - 田原本町愛和会汚職[2017.04.21]

正倉院銀壺は「国産」 - 藤原仲麻呂の銀銭を転用写真付き記事[2017.04.21]

嗅いで追跡、救助 - 県警嘱託警察犬27匹訓練競技会写真付き記事[2017.04.21]

阿弥陀十一尊来迎図を公開 - 安堵町歴史民俗資料館で「念仏信仰」展写真付き記事[2017.04.21]

「剛毅果断」スローガンに - 奈良商議所青年部総会写真付き記事[2017.04.21]

春の奈良の風感じて - 全国からシニア250人/全国健称マラソン奈良大会写真付き記事[2017.04.21]

県衆院選挙区、1減へ - 「0増6減」案を勧告/区割り審[2017.04.20]

オカッパザクラそろそろ見納め - きょう穀雨写真付き記事[2017.04.20]

6月から参加者募集 - 奈良マラソン実行委が総会[2017.04.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ