このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


命に感謝、水辺の安全祈る - 吉野川で「鮎供養」 芸術ライブなども

2014年6月2日 奈良新聞

鮎供養で吉野川にアユを放つ山伏ら=1日、大淀町下渕

 命に感謝し、吉野川などでの水辺の安全を願う伝統行事「鮎(あゆ)供養」が1日、大淀町下渕の石龍寺鈴ケ森行者堂(森真順住職)で営まれた。

 境内の「鮎供養碑」の前で山伏26人が般若心経を唱えて献花。ほら貝を響かせて吉野川に下り、アユを放った後、護摩をたいて祈願した。

 また「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年を記念した芸術ライブなども実施。地域住民らが集まり、下市町のミュージシャン綿鍋伊久男さんのコンサート「世界遺産吉野を歌う」や郷土芸能を楽しんだ。

 森住職(71)は「こうした伝統行事を通して、万物の命を大切にし、人をいたわる心を養ってほしい」と、行事の継承を願った。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]

プロに学び庁舎清掃 - 高等養護学生が天理で演習写真付き記事[2017.06.22]

県産材で新商品開発 - 簡単に木質空間作れます写真付き記事[2017.06.22]

全国初、脚付き編みかご - 四方転びの箱 用途明らかに/橿原・瀬田遺跡、弥生後期末写真付き記事[2017.06.22]

国が現状変更許可 - 奈良公園内の宿泊施設建設[2017.06.21]

山村氏、無投票再選 - 広陵町長選告示写真付き記事[2017.06.21]

外国人110番も対応 - 3人同時通話を訓練/県警写真付き記事[2017.06.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ