このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


命に感謝、水辺の安全祈る - 吉野川で「鮎供養」 芸術ライブなども

2014年6月2日 奈良新聞

鮎供養で吉野川にアユを放つ山伏ら=1日、大淀町下渕

 命に感謝し、吉野川などでの水辺の安全を願う伝統行事「鮎(あゆ)供養」が1日、大淀町下渕の石龍寺鈴ケ森行者堂(森真順住職)で営まれた。

 境内の「鮎供養碑」の前で山伏26人が般若心経を唱えて献花。ほら貝を響かせて吉野川に下り、アユを放った後、護摩をたいて祈願した。

 また「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年を記念した芸術ライブなども実施。地域住民らが集まり、下市町のミュージシャン綿鍋伊久男さんのコンサート「世界遺産吉野を歌う」や郷土芸能を楽しんだ。

 森住職(71)は「こうした伝統行事を通して、万物の命を大切にし、人をいたわる心を養ってほしい」と、行事の継承を願った。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県、Lアラート参加 - 勧告・避難所・インフラ被害[2017.05.22]

公演情報を網羅 - 6月10日からムジークフェスト写真付き記事[2017.05.22]

聴覚障害者に優しい社会を - 川西で県ろうあ者大会写真付き記事[2017.05.22]

障害者と住民ら触れ合い - 田原本で県障害者協「つながり祭」写真付き記事[2017.05.22]

健康チェックや模擬店 - 大和高田で「健康まつり」に3000人写真付き記事[2017.05.22]

子ども集える場に「らくじっ子食堂」 - 奈良で楽慈会が毎週日曜写真付き記事[2017.05.22]

前年比14.4%減の95件 - 4月の県内公共工事動向[2017.05.22]

コラボそうめん - 下北春まなと三輪そうめん写真付き記事[2017.05.22]

法隆寺国際、五條破る - 全国高校総体県予選写真付き記事[2017.05.22]

新斎苑など2氏舌戦 - 奈良市長選写真付き記事[2017.05.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ