このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


着替え手伝います - 着衣介護ロボット開発/先端大

2011年10月25日 奈良新聞

被介護者に見立てたマネキンにTシャツを着せるロボットと柴田准教授=24日、生駒市高山町の奈良先端大

 体の不自由な高齢者などの着替えを助ける着衣介護ロボットを生駒市の奈良先端科学技術大学院大学が開発し、24日、報道関係者に公開した。26日からスロベニアで開かれる人型ロボットの国際会議で発表する。

 柴田智広・准教授(数理情報学研究室)らのグループで、研究用の双腕ロボットを使用した。被介護者が袖を通したTシャツをロボットが引っ張り、首を通させる。

 人がロボットの腕を持って基本的な動きを覚えさせ、動きの「経由点」を抽出。その後、試行錯誤によってロボットが最も効率の良い軌道を導き出す。柴田准教授らは、実験用のマネキンとTシャツに光学式の反射マーカーを付け、衣服と被介護者の絡まり具合を認識させることに成功した。

 直接動きを助けるパワーロボットではなく、介護者の代わりを務めるロボットは世界的にも初めてという。

 ロボットが形状の定まらない衣服の扱いを苦手とするほか、被介護者と衣服の摩擦など、介護動作の計算が課題となっていた。

 実用化には費用や小型化が課題で、現在のところ、被介護者が姿勢を保てることも条件となる。柴田准教授は今後、ズボンなど素材の多様化にも取り組みたい考え。

 柴田准教授は「介護現場に情報科学の土台ができればロボットも入っていけると思う。データの蓄積と実験を重ねてより適切な動作を可能にしたい」と話している。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

19日に通行スタート - 御所南IC-五条北IC完成/京奈和自動車道・大和御所道路写真付き記事[2017.08.17]

被爆者の声 世界へ - 学び行動し平和築く/風化に抗う(8)戦争を語る 残す人たち写真付き記事[2017.08.17]

熱中症対策へ情報交換 - 生駒の中学生死亡1年写真付き記事[2017.08.17]

池床で食事や灯籠満喫 - 猿沢池で涼しい時間写真付き記事[2017.08.17]

東吉野村 オオカミ絵本第3作出版 - 少女との心温まる触れ合いを描く写真付き記事[2017.08.17]

全国大会で飛躍期待 - 感謝込め懸命に/香芝の中学生写真付き記事[2017.08.17]

60代経営者 計画未策定5割超 - 県内企業「事業継承」[2017.08.17]

自民は土田氏擁立 - 奈良市会議長選[2017.08.16]

平和の祈り夜空へ - 大文字送り火写真付き記事[2017.08.16]

子ども目線の記録 - 語り継ぐ工夫/風化に抗う(7)戦争を語る 残す人たち写真付き記事[2017.08.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ