このページでは、Javascriptを使用しています ピロリ菌除菌が効果 - 胃がん撲滅計画 | 社会 | 奈良新聞WEB

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


ピロリ菌除菌が効果 - 胃がん撲滅計画

2011年5月19日 奈良新聞

 かつて日本人の国民病とも称された胃がん。がんの死亡者数では肺がんの増加で1990年代に2位になったが、発症者数では依然として最も多い。近年、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染が主な原因と分かり、制圧も夢ではなくなってきた。北海道大の浅香正博特任教授(がん予防内科学)はピロリ菌の検査と除菌を中心とした「胃がん撲滅計画」を提唱している。

▽感染で萎縮

 「胃がんの大半はピロリ菌感染症だ」と浅香教授は言う。胃がんは過去、塩分やストレスなどが原因とされてきた。しかし、1982年に胃粘膜からピロリ菌が発見されて以降、研究成果が積み重なり、ピロリ菌の長年の感染で胃の粘膜が萎縮して、胃がんが発生することが明らかになってきた。ただし、数%はピロリ菌と関係のない胃がんもあるとされる。

 ピロリ菌に感染したことがない人は胃がんを発症することはほとんどないが、問題は、既にピロリ菌に感染している人。除菌したら胃がんを予防できるのだろうか…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

副市長案、僅差可決 - 新斎苑など注目/奈良市会[2015.07.03]

「食」「農」で連接推進 - 県と辻料理学館が協定写真付き記事[2015.07.03]

木製遊具壊れ女児軽傷 - 王寺・烏山公園写真付き記事[2015.07.03]

室戸台風の記憶 紙芝居に - 安堵小創立140周年記念事業写真付き記事[2015.07.03]

日ごろの練習成果披露 - 佐保山太鼓隊講演会など合同総会写真付き記事[2015.07.03]

日本酒の普及、継承に - 梅乃宿酒造が大学生と交流写真付き記事[2015.07.03]

「保保連合」で浅川議長 - 強硬路線へ転換か/奈良市会[2015.07.02]

県内7年連続下落 - 下げ止まり感強まる/路線価[2015.07.02]

タンザニアの農業支援 - JAならけんが活動紹介/研修生の高官来県写真付き記事[2015.07.02]

1000万おトクに - 川西町、電力会社を変更写真付き記事[2015.07.02]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ