このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


好調です実験農園 - 新たな肥料も開発へ

2011年5月5日 奈良新聞

実験農園に取り組む友遊クラブのメンバー=同町檪原の実験農園

 高齢者を中心とした平群町のボランティアグループ「友遊クラブ」(三宅正治郎会長)が、昨春から町内で行う実験農園が好調だ。荒廃した竹林の整備で、刈り取った竹を乳酸発酵させた肥料を活用。今年からは乳酸菌以外のさまざまな菌を使った肥料開発など、新たな試みにも挑戦する。

 同クラブは町内の住民グループ「青垣サロン」のメンバーを中心に平成20年春に結成。約40人のメンバーがふるさとの里山を守ろうと、荒廃竹林の整備などに取り組んでいる。

 実験農園は伐採した竹の有効活用を目指し、昨年4月に同町檪原の休耕田(約1000平方メートル)で開園した。粉状にした竹を土中で乳酸発酵させた肥料を使い、キャベツやハクサイ、エンドウマメなどを栽培。収穫した農産物を町内の道の駅に出荷している。

 新たな肥料開発は、もともと土の中に存在する菌や土壌改良用に開発された「EM菌(有用微生物群)」なども活用。自然の力を有効に生かすことが目的だ。

 また、日当たりを良くするため、農園の南側斜面にあった雑木林を伐採。昨年11月ごろから、メンバーたちがチェーンソーなどを手に、地道に取り組んできた成果だ。

 中心メンバーの山本信生さん(73)は「農作物の生育には日光が不可欠。これまでは冬場の日当たりが悪かったが、オールシーズンの栽培が可能となった」としている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

変わる古都の西玄関 - 南北自由通路 北側広場改修/近鉄大和西大寺駅写真付き記事[2017.11.21]

介護報酬を不正受給 - 刑事告訴も視野/奈良の事業所[2017.11.21]

畝傍高音楽部を認証 - 「Sクラブ」として支援写真付き記事[2017.11.21]

楽しみながら健康に - 王寺で「ならコープ健康大学」写真付き記事[2017.11.21]

トップが意識改革を - 奈良で人材確保セミナー写真付き記事[2017.11.21]

墓域の南北規模60メートル - 外濠の北辺見つかる/橿原・四条1号墳写真付き記事[2017.11.21]

質疑 扱い巡り論議 - 来月実施は難航か/少数党派配慮の県会[2017.11.20]

「南国」薫る魅惑の歌声 - 万葉浪漫フェスin藤原宮跡写真付き記事[2017.11.20]

「がん検診」受けて - 県と協働でキャンペーン写真付き記事[2017.11.20]

叔父への思い 世界へ - 米田さんに感謝状/視覚障害者専用の囲碁盤を考案写真付き記事[2017.11.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ