このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


1年半ぶり獅子上に - 本尊・文殊菩薩像の修理完了/安倍文殊院

2011年3月24日 奈良新聞

約1年半ぶりに獅子にまたがった本尊・文殊菩薩像(中央)。右は善財童子=22日、桜井市阿部の安倍文殊院

 桜井市阿部の安倍文殊院(植田俊應貫主)で、本堂の本尊・文殊菩薩像(木造高さ約7メートル=重文)などの修理が終わった。最新型の照明も設置され、同寺は「光輝くようなお姿のご本尊にお参りしていただける」と話している。

 文殊菩薩像は建仁3(1203)年の快慶作で、獅子(しし)にまたがった総高約7メートルの像。文殊菩薩像としては国内最大。1昨年9月に獅子から下ろされ、4体の脇侍(いずれも重文)とともに彩色の剥(はく)落止めの修理作業などが行われていた。

 築約40年になる収蔵施設の補強工事も併せて行い、仏像群背面の壁は和紙を張った白い壁に。照明器具も蛍光灯からLEDに一新され、彩色や精美な彫刻などがはっきり見てとれるようになった。

 東快應執事長は「ご本尊は無事、獅子の上にお戻りいただけた。とてもきれいなお姿を拝観してもらえる。国民の宝物を後世に大切に守り伝えたい」と話している。

 25、26日は年1度の大祭「文殊お会式」が営まれる。問い合わせは同寺、電話0744(43)0002。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ