このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


1年半ぶり獅子上に - 本尊・文殊菩薩像の修理完了/安倍文殊院

2011年3月24日 奈良新聞

約1年半ぶりに獅子にまたがった本尊・文殊菩薩像(中央)。右は善財童子=22日、桜井市阿部の安倍文殊院

 桜井市阿部の安倍文殊院(植田俊應貫主)で、本堂の本尊・文殊菩薩像(木造高さ約7メートル=重文)などの修理が終わった。最新型の照明も設置され、同寺は「光輝くようなお姿のご本尊にお参りしていただける」と話している。

 文殊菩薩像は建仁3(1203)年の快慶作で、獅子(しし)にまたがった総高約7メートルの像。文殊菩薩像としては国内最大。1昨年9月に獅子から下ろされ、4体の脇侍(いずれも重文)とともに彩色の剥(はく)落止めの修理作業などが行われていた。

 築約40年になる収蔵施設の補強工事も併せて行い、仏像群背面の壁は和紙を張った白い壁に。照明器具も蛍光灯からLEDに一新され、彩色や精美な彫刻などがはっきり見てとれるようになった。

 東快應執事長は「ご本尊は無事、獅子の上にお戻りいただけた。とてもきれいなお姿を拝観してもらえる。国民の宝物を後世に大切に守り伝えたい」と話している。

 25、26日は年1度の大祭「文殊お会式」が営まれる。問い合わせは同寺、電話0744(43)0002。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

自民は土田氏擁立 - 奈良市会議長選[2017.08.16]

平和の祈り夜空へ - 大文字送り火写真付き記事[2017.08.16]

子ども目線の記録 - 語り継ぐ工夫/風化に抗う(7)戦争を語る 残す人たち写真付き記事[2017.08.16]

ゆらめく灯籠2500基 - 東大寺で万灯供養会写真付き記事[2017.08.16]

1人の遺体一部発見 - 県警きょう現場検証/山添・小型機墜落写真付き記事[2017.08.16]

未来への決意、古里で - 真夏の成人式で夢語る/黒滝・天川写真付き記事[2017.08.16]

充実のガッツポーズ - 奈良で聴覚障害者「体験クライミング」写真付き記事[2017.08.16]

販売額、2カ月連続で減 - 6月の県内大型小売店[2017.08.16]

プロペラ機墜落、2人死亡 - 八尾空港離陸 大阪の夫婦か[2017.08.15]

光に祈る夏の夜 - 春日大社中元万燈籠写真付き記事[2017.08.15]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ