このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


見えた 技術進歩 - 合金の気泡減少【橿考研博物館】

2009年11月22日 奈良新聞

気泡が多い石製鋳型で造られた「外縁付鈕式」の銅鐸の透視写真(県立橿原考古学研究所付属博物館提供)

 弥生時代を象徴する青銅器、銅鐸(どうたく)の研究の一環で、県立橿原考古学研究所付属博物館(橿原市畝傍町)はこのほど、銅鐸8点のX線撮影を実施。制作年代が新しくなるほど合金に気泡がなくなり、均質な製品ができていく技術の向上を検証した。

 会期中の特別展「銅鐸」(―23日)で展示している様式や大きさの異なる銅鐸8点(いずれも辰馬考古資料館蔵)を撮影した。

 銅鐸は、鋳型に合金を流し込んで造った。鋳型は、年代とともに石製から土製へ変化。鋳型の変化に伴い、外見上でも文様が鮮明になるなど精度が上がることが指摘されていた。

 X線撮影の結果、弥生時代前期(約2300年前)の「外縁付鈕式」の銅鐸は気泡がとても多く、弥生時代中期後半とされる「扁平鈕式」の銅鐸にはほとんど気泡はみられなかった。同研究所付属博物館の北井利幸主任技師は「土製と石製の鋳型で造られた銅鐸の違いを裏付けることができた」としている。

 12月13日まで、X線撮影の写真パネルを同博物館で展示する。今月23日までは、実物と比較して見ることができる。

 午前9時から午後5時まで。特別展会期中の入館料は大人800円、高・大学生450円、小・中学生300円。問い合わせは同博物館、電話0744(24)1185。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

南東地区の事業認可 - 体験学習館建設へ/平城宮跡歴史公園写真付き記事[2018.02.16]

書の枠、会派超え - 「日本の書展」開幕写真付き記事[2018.02.16]

主役の新大導師 上司さん別火入り - 東大寺二月堂 お水取り写真付き記事[2018.02.16]

春の訪れ 梅130種開花 - 菅原天満宮で「盆梅展」写真付き記事[2018.02.16]

写真や文書で歴史紹介 - JR桜井線開通120年記念で企画展写真付き記事[2018.02.16]

ボッチャの魅力知って - 菅原小で体験会写真付き記事[2018.02.16]

「成功のヒント」学ぶ - 奈良で「創業ビッグセミナー」写真付き記事[2018.02.16]

プロロードレーサー 吉田隼人 東京五輪出場目指す - 地元企業中心に後援会発足写真付き記事[2018.02.16]

「古伯耆物」が結ぶ縁 - 日本刀顕彰連合を結成/鳥取県と春日大社写真付き記事[2018.02.15]

鬼と炎 回廊は大迫力 - 長谷寺だだおし写真付き記事[2018.02.15]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ