このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


吉野山に桜300本 - 子どもら150人が植林

2009年3月22日 奈良新聞

ヤマザクラの苗木を植える子ども=21日、吉野町吉野山

 一目1000本で知られる桜の名所、吉野山で21日、大阪城南ロータリークラブ(事務局・大阪市天王寺区、中本和洋会長)と関係団体によるヤマザクラ300本の植林が行われた。子どもを含め約150人が山の斜面に入り苗木を植えていった。

 県が森林整備に参加したい民間団体と森林所有者の仲立ちを行う「大和ふれあいの森づくり」事業の初の植林。同ロータリークラブの設立40周年記念事業で、吉野中央森林組合(坂口勝美代表理事組合長)が協力した。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県、Lアラート参加 - 勧告・避難所・インフラ被害[2017.05.22]

公演情報を網羅 - 6月10日からムジークフェスト写真付き記事[2017.05.22]

聴覚障害者に優しい社会を - 川西で県ろうあ者大会写真付き記事[2017.05.22]

障害者と住民ら触れ合い - 田原本で県障害者協「つながり祭」写真付き記事[2017.05.22]

健康チェックや模擬店 - 大和高田で「健康まつり」に3000人写真付き記事[2017.05.22]

子ども集える場に「らくじっ子食堂」 - 奈良で楽慈会が毎週日曜写真付き記事[2017.05.22]

前年比14.4%減の95件 - 4月の県内公共工事動向[2017.05.22]

コラボそうめん - 下北春まなと三輪そうめん写真付き記事[2017.05.22]

法隆寺国際、五條破る - 全国高校総体県予選写真付き記事[2017.05.22]

新斎苑など2氏舌戦 - 奈良市長選写真付き記事[2017.05.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ